IoTで建設現場の課題を解決し未来を創る
~コマツKOMTRAXのカスタマーオペレーションモニタリング~

盗難対策からはじまったKOMTRAX

コマツはIoT/ICT技術の活用モデルとなる建設機械メーカーである。2001年より、世界に先がけて高精度GPSによる遠隔車両管理システム「KOMTRAX(コムトラックス)」を標準装備した建設機械の販売を行っている。
このKOMTRAXが生まれた背景は、1998年ごろ多発した油圧ショベル盗難対策として「建機1台1台にGPSをつけてはどうか」という発想であった。建機1台1台にGPSを取り付けることによって、位置情報以外にも建機の使われ方といった情報を収集することができるようになった。その結果、建機が「今、どこにいて、どんな使われ方をしているか」といった利用実態をデータとして収集できるようになり、その仕組みとしてKOMTRAXが開発されたのである。KOMTRAXが実用化されたことで、当初の狙いであった盗難は劇的に減少することができた。

カスタマーオペレーションモニタリング型 典型的な成功例

また、建機は現場をつねに移動して使用するため、故障時の修理依頼が来た際にその建機がどこにあるかが分からない、という課題をコマツは持っていた。しかしこのKOMTRAXを利用することで、建機の所在地はつねに正確に把握することができるようになった。さらに世界中の建機からさまざまな情報を収集できるようになった。
世界中の建機のあらゆる情報を「見える化」できるようになったことで、新たなサービスも生まれた。建機の利用実態と照らし合わせて、商品の点検・修理依頼を「故障する前に」ユーザーへお知らせすることが可能となったのである。これは、「故障した」というユーザー側からの発信を待つのではなく、コマツからユーザーへ「故障する前に」点検などの提案を行うという、新しいサービス提供が実現できた。
コマツのKOMTRAXは「カスタマーオペレーションモニタリング型」の典型的な成功例でもある。

建設現場の未来を創るスマートコンストラクション

コマツはKOMTRAXのサービスをベースとしながら、「バリューエクステンション型」のアプローチも行っている。それは2015年2月よりサービス提供を開始した「スマートコンストラクション」である。
建設業界は人手不足、とくに熟練作業者が高齢化し若者に技術の伝承をしきれないまま現場を去っていくという深刻な問題を抱えていた。そんななか、クラウドプラットフォームである「Kom Connect」を開発し、建設現場にあるあらゆる情報をICTでつなぎ、安全で生産性の高い現場を実現させるスマートコンストラクションが考案された。
具体的には、従来、測量士が人作業として行っていた測量を、ドローンを活用してより短期間に高精度な図面化を行うというものだ。ドローンや自社の建機に設置したセンサーにより、リアルタイムで現況図面を把握し、施工の進捗管理および最適な施工計画を「Kom Connect」を通じて行う。施工はICT自動制御により、初心者でも高難度の施工を行うことができる。また、リアルタイムで施工進捗を管理しているため、施工後の検査の工数も大幅な削減が可能となった。
以上のように、測量から施工完成までの作業工数およびコスト削減が可能となるとともに、あらゆるデータが人を介さず繋がっているため、施工現場の作業員による指示が必要となくなった。結果的に現場の安全性も向上した。

 

「スマートコンストラクション」というサービスのポイントは、GEの事例と同様に顧客のプロセスに入り込んだことである。建機の販売・アフターフォローに加え、顧客が建機を用いて行っている施工プロセスに新たな価値提供を拡げることができたのが成功の要因であったといえるだろう。

カスタマーオペレーションモニタリング型 コマツKOMTRAX(コムトラックス)

 

 

 

コンサルタント紹介

石田 秀夫

生産コンサルティング事業本部長/シニア・コンサルタント

大手自動車メーカーに入社し、エンジニアとして実務を経験した後、JMAC入社。生産部門および開発設計部門のシームレスな収益改善・体質改善活動を支援。事業/生産/技術/知財戦略を組み合せた次世代ものづくり/スマートファクトリー化を推進。
【主なコンサルティング領域】
 ・開発生産戦略立案、ものづくり領域全般
 ・国内外の新工場工場立ち上げ設備投資計画
 ・スマートファクトリー構想立案策定支援
 ・IoT/ICT/A活用したI新しいビジネスモデル開発

小野 甫

デジタルイノベーション推進事業本部 チーフ・コンサルタント

主に製造業のIoT化構想策定~プロセスの改革まで全般を推進。あらゆる機能・領域のデジタルトランスフォーメーション推進に取組んでいる。AI活用可能性検討プロジェクトなどを担当。
【主なコンサルティング領域】
 ・製造業のIoT化推進、デジタル・イノベーション構想立案支援
 ・最適システム・ツール選定、IoTツール開発新市場構築支援
 ・データサイエンティスト育成

注目IoTツール


【IoQ/品質】AI物体検知!


【IoH/危険】IoT station 安全管理


【IoA/稼動】設備稼働菅理から1歩先の分析へ


【IoO/作業】ハンズフリーでデータを収集


【 IoL/位置】移動する人・ものの位置分析をして作業効率を飛躍的にアップ! 


【IoS/場面】無線×クラウドでAI画像監視を低コストで実現


IoT7つ道具®︎体感セミナー


イベント


東京
【6月5-7日】スマートファクトリーJapan 2019


大阪
2019年9月13日 〜 2019年9月13日

【9月13日開催】推進基本コース: IoT7つ道具体感セミナー


東京
2019年6月17日 〜 2019年6月17日

【6月17日開催】
デジタル化で工場はどう変わるか

テーマ

組立
プロセス
インフラ
サービス
価値創造
最適化
現場課題

ページトップへ戻る