IoTで現場の課題解決力を飛躍的にアップさせるには

日本の、とくに製造業の強みである「現場力」。この現場力は、設備などのIoT化で飛躍的にアップすることができる。

デジタル化で飛躍的に効率アップ

IoT導入の目的とは、現場のさまざまな課題をデジタル化しインターネットにつなげることで解決することである。言い換えると「現場で起こる問題を今以上の速さで解決し、劇的に生産性を向上させること」である。

あらゆる情報がデジタル化すると情報処理のムダがなくなり、QCDの一層の向上が図られる。また、実績情報をデータベース化することで業務処理スピードが向上し、判断精度のアップ、業務ノウハウの共有化も図ることができる。業務内容がデータ化され、グラフ化などで可視化されると、人の作業・業務・設備の稼動状況など、さまざまな情報が蓄積・共有化され、組織全体の知識やノウハウとして役立てることができる。

これらのことを実現するには、

  • 現場の“見える化”の常時化
  • 現場の問題把握の高速化
  • 現場の問題解決の広域化
  • 現場のノウハウの集約化(一元化)

といったことが必要になる。

具体的には、工場の設備や人やワーク(材料・部品・製品)をインターネットにつなげ、それぞれが「いつの時点で」「どんな動きをしていたのか」「どんな状態だったのか」がわかるようにし、ムダな動きや故障を排除することで、生産性を劇的にアップさせる。これが現場のIoT化である。

IoT取組みの視点

賢いIoTツールの選択で現場力は飛躍的に向上する

これまで現場の改善を行うのは、「現状を知るため」「ロスを見つけて改善するため」であり、必要に応じてその都度データを収集していた。

しかしIoTの取組みにより、ものの状態をデジタル化し情報化することで、常時データ収集が可能となり、なおかつこれらの情報が高速化/広域化/一元化されたことにより、「いつでも」「どこでも」「誰でも」必要なデータを見たり分析したりすることができるようになる。

これは現場の問題解決への取組み方が、今までの「何か問題が発生してからデータの分析を行う改善」から「(つねにデータが取られていて)変化の兆しをあらかじめ読み取る改善」に変わるということである。

現在、現場の課題解決に活用できるさまざまなセンシングデバイスやモバイル端末などが数多くのIoTツールやソリューションが開発されている。これらのデータ収集と可視化を簡便に行えるIoTツールを賢く選択し、人の知恵をもって使いこなすことによって、現場の課題解決力は飛躍的に向上する。

IoTで現場力を飛躍的に向上させる

 

IoT化で現場力を飛躍的に向上させるためには、IoTの取組みにあった形で、現場の課題を捉える新しい切り口が必要だ。そこでJMACでは、次のような7つの視点を定めている。詳細は「現場IoT7つ道具と5つの見える化」にゆずるが、以下の7つの視点をもとにIoTツールを活用しながら、現場を見える化し改善を進めていく。

① IoL 位置 Internet of Location
② IoO 作業 Internet of Operation
③ IoS 場面 Internet of Situation
④ IoC 数量 Internet of Availability
⑤ IoH 危険 Internet of Count
⑥ IoA 稼動 Internet of Quality
⑦ IoQ 品質 Internet of Hazard

末尾をとって、LOSCHAQ、“ロスチャック”と呼ぶこともできるが、この7つの視点からIoT化に取り組むことで、従来の「現場改善」のあり方を大きく変えることができる。なお、現場IoT7つ道具はJMACの登録商標である。

参考ページ

コンサルタント紹介

角田 賢司 

プロセスデザイン革新センター長/チーフ・コンサルタント

製造業の収益向上目標を達成するための総合的な支援に取組んでいる。現場密着型のコンサルティングを得意とする。
【主なコンサルティング領域】
・収益向上マスタープランの策定と実現
・生産システムの構築、改善-生産方式、生産編成
・IoTツールを活用した現場改革余地診断及び改革支援

ページトップへ戻る