検査工程における作業の標準化、集計の自動化、作業の見える化によるスキルアップを実現!
タブレット・コミュニケーター[作業記録](アインド株式会社)

このような課題はありませんか?

・検査の進捗状況が集計後にしか把握できない。

・記録が紙で、転記・集計でミスが発生する。

・作業者別の作業実績や能力が見えない。

・高習熟作業者の検査や作業飛ばしがある。

・クレーム内容と検査担当者の紐付けができていない。

・標準タイム(ST)の設定があいまい。

 

タブレット・コミュニケーター[作業記録]を使うと、このようなことが実現できます!

・リアルタイムでの集計で迅速なフィードバックができる。

・現場で即デジタル化、正確な情報を集計し、集計作業工数を削減できる。

・作業者別の実績、作業時間の見える化により、能力の見える化が実現できる。

・手順通りでの検査実施により、検査飛ばし防止、作業の標準化の定着できる。

・手順通りでの検査実施により、検査飛ばし防止、作業の標準化の定着する。

・手順通りでの検査実施により、検査飛ばし防止、作業の標準化の定着できる。

 

タブレット・コミュニケーター[作業記録]の製品構成・仕組み

シンプルな仕組みで作業状況・スキルの見える化を実現し、リアルタイムでの予実管理や適切な人員配置を実現

 

タブレット・コミュニケーター[作業記録]の特長

• 手順書を見ながら、正確な工程作業(組立工程、検査工程)を実施することでの作業精度の向上。

• 作業手順毎に作業終了、もしくはチェック完了を押下することで、次作業内容が自動的に表示され、作業チェックと次作業表示を同時に行うことでの作業効率を向上。

• 作業手順毎、作業工程別の作業時間を自動集計されるため、作業の見える化を実現。

• 作業者別の作業状況も見えるため、作業進捗状況をリアルタイムに確認可能。

• 公差検査などにおいては、公差テーブルを設定することで、測定結果の自動判定も実施。

• 作業内容などの記録を画像撮影することにより、トレーサビリティー管理が可能。

• 作業工程別、作業者別の作業時間、作業結果を自動収集し、Webレポートで表示。

• ユーザーにて作業内容や作業工程、管理項目などを目的別に自由に設定可能。

 

導入フロー

・アプリケーション/ データ保管環境を提供         ・・・ アインド株式会社
・タブレットへの導入/ 初回使用方法のレクチャー支援    ・・・ アインド株式会社
・改善支援コンサルティング              ・・・ 株式会社日本能率協会コンサルティング
※ご契約はそれぞれのソリューション提供会社と締結いただきます。

紹介動画

 

参考ページ

ページトップへ戻る