設備情報を取得し、不良情報などと一元管理・分析することで、歩留まりを向上。材料在庫、各種メンテナンス情報との連携で、現場での作業効率の向上も実現!
タブレット・コミュニケーター[設備状況](アインド株式会社)

このようなことを実現したいと思いませんか?

・設備に関する情報を、リアルタイムに記録や表示したい

・設備と連携させることでデータ記録を自動化させたい

 

タブレット・コミュニケーター[設備状況]を使うと、このようなことが実現できます!

• 設備の稼働状況をタブレット内にて一元管理ができる。

• 設備の稼働条件(成形条件、加工条件、環境情報など)を生産ロット単位で記録・管理ができる。

• ライン別の稼働状況を時間帯別のガントチャートにて表示できる。

• ロット別の製品の良/不良数、不良要因などをフィードバックすることで、過去ロット生産時の設備条件を紐付けで管理することが可能。最適な条件設定のデータベースとして利用できる。

• 設備の稼働状況を自動判断できない稼働ステータスを手動入力することで、詳細な稼働ステータスの情報収
集が可能できる。
(例:停止している要因・・・メンテナンス/段取りなど)

• 現場作業で必要な情報(材料在庫、設備や部品のメンテナンス情報)などを他のシステムと連携して情報取
得・表示が可能。これにより、現場での円滑な段取実施、詳細な不良要因分析のデータとして活用できる。

 

タブレット・コミュニケーター[設備状況]の製品構成・仕組み

シンプルな仕組みで、設備稼働状況や設備稼働条件を記録し、一元的に設備稼働状況の把握や履歴管理が可能

 

タブレット・コミュニケーター[設備状況]の特長(主な機能)

 

導入フロー

・アプリケーション/ データ保管環境を提供         ・・・ アインド株式会社
・タブレットへの導入/ 初回使用方法のレクチャー支援    ・・・ アインド株式会社
・改善支援コンサルティング              ・・・ 株式会社日本能率協会コンサルティング
※ご契約はそれぞれのソリューション提供会社と締結いただきます。

紹介動画

 

参考ページ

ページトップへ戻る